円山応挙オリジナル落雁

UCHU wagashi 代表の木本です。「円山応挙から近代京都画壇へ」展のオリジナル落雁を作りました。デザインは円山応挙作品に出てくる犬をモチーフ選びました。 https://okyokindai2019.exhibit.jp/point/


この愛らしい犬の絵は軽いタッチで描かれていて、書き込んだ絵ではないのにとても奥行きを感じさせる日本画ならではの作品です。軽くて柔らかいタッチの絵を木型に起こすのはとても難しく苦労しました。木型作成を担当してくださった仏師の宮本我休さん(http://gakyu.jp)の技術のおかげでリアリティと可愛さが合わさった素敵な落雁が出来ました。

 

今回の商品は柔らかい表現をしたかったため、和三盆糖ではなく、寒梅粉を使いました(和三盆糖も入っています)。ぜひいつもと違う落雁の味も楽しんでください。 前期の東京での展示を終え、11月2日より京都での展示が始まります。ぜひ京都国立近代美術館にお運びください。

TOP