りすとどんぐり

秋限定の人気商品「りすとどんぐり」。どんぐりを口いっぱいに頬張るりすの愛くるしさが人気の商品です。今回は「りすとどんぐり」の木型から商品の出来上がりまでを紹介します。


木型もりすの愛くるしさが詰まっています。山桜から作られる木型、柔らかい手触りで木型自体が芸術的です。長く使えるよう大切にたいせつに使います。


和三盆糖でひとつひとつ丁寧にりすを作っていきます。水分の加減で口どけが大きく変わってしまうため、晴れの日や雨の日、それぞれの湿度を見ながら水分や押し加減を調節して作ります。


りすとどんぐりの人気の秘密はこのほっぺ。一個ずつ丁寧にほっぺをスタンプしていきます。なんだか命を吹き込んでいるような気になってきます。


fukiyoseシリーズといえば、金平糖と落雁の詰め合わせ。箱の中にりすとどんぐりを並べ、金平糖で埋めてきます。金平糖は一個ずつピンセットを使って隙間なく埋めていきます。この手間のおかげで箱を立てても、中のお菓子は崩れなくなります。


出来上がった「りすとどんぐり」。だれにプレゼントしようか悩んでしまいます!誰かに差し上げても喜んでもらえること間違いありません!


秋限定のりすとどんぐりの包装も承っています。

価格|1,500yen
セット内容 | りす3個、どんぐり6個、金平糖
賞味期限 | 製造日より3ヶ月間
パッケージのサイズ|105mm(縦)×105mm(横)×20mm(高さ)



その他の記事

TOP